全宿労(全国宿泊施設従業者支援協会)
National Accomodation Facilities Employee Support Association
NAFESA..ナフェサ

当協会は、全国にある宿泊施設の従業者を支援することを目的に創立されました。
その支援内容は、その従業者が日本の法に基づいて健全に快適に仕事を円滑
にできるような仕事環境、労働条件で働けるために必要なすべての活動のことです。
そして、この協会の創立趣旨に沿わない施設に対しては、行政任せにしないこと、
積極的に当協会が関与して、これを改善することを目標としています。

具体的な活動としては、未払いとなっている残業手当、深夜手当などを勤務していた
或いは現在勤務中の会社に請求して返還してもらうことです。また、本来可能な有給
休暇の取得、その他あらゆる労働条件を会社側に要求し、従業員側の希望をかなえ
ることです。本来、行政当局(労働基準監督署)や法律家(弁護士)などを通じて、こ
の目的を達成すれば良いのですが、現実には非常に困難であることが、本協会の調
査で分かっています。できるだけ、請求者本人の自力で可能なようなサービスやプロ
グラム、ツールが必要です。当協会では、そのようなツール、プログラム、サービスを
一部無償で、また実費が発生した場合でも格安の費用で行なえるような支援をして
おります。

・使命:労働環境の改善及び未払い賃金の返還
・領域:全国宿泊施設業界
・構想:法律を遵守する革命的な支援政策の実行

動機:
現在宿泊業界は、一部の大手又は良心的な業者を除き、労働条件に関する法律を
遵守していない運営業者が多数見られることが、最近の当協会の調査で判明して
います。2020年には、東京オリンピックを向かえ、本業界においては多大な発展が
見込まれる一方で、旧態依然とした体質を有する運営者が多数存在することは、
非常に残念な状況です。特に、海外留学生の人材活用も盛んな業界にもかかわらず、
その運用が法の枠を超えてなされているケースも多々見られることも判明しています。

今、この機会に改善できなければ、この業界の将来はありません。そういう意味では
今が絶好の改善の機会とも言えるでしょう。革命的な改善を進めるために、当協会
は設立されました。つきましては、各関連業界の協力を得ることで飛躍的な改善を
ができるように、精進して参ります。

協会代表


尚、本協会への問い合わせは、下記のフォームからメールで送信してください。
本文に電話番号等記載あれば、追って連絡を致します。
違法な労働条件の場合の通報を募集しています。
また、本メールでの受信情報は、絶対に外部に漏らすことはありません。

ゴールイメージ(未来のシナリオ)

あなたのメールアドレス:

メッセージ: