第35章 貿易を科学する	
最速で貿易事業の達人になる秘訣 -23-	
「和」のシュミレーション	- 5 -
	
ここでは、貿易事業とコンビニエンスストア	
事業の和を検討します。	
	
コンビニエンスストアは、24時間営業で	
どこにでもある便利さがその最大の特長	
です。	
貿易事業の場合もその便利さを追求した	
貿易専用のネット上のビジネスセンターを	
イメージして下さい。	
	
海外取引を行う時の難しさは、外国語、	
外国通貨、海外運送、通関、その他内外の	
規制、契約などがあります。	
これを24時間体制で解決できるネット上の	
ビジネスセンターが今回のテーマです。	
	
このビジネスセンターは24時間対応です。	
そして、貿易に関する専門的な実際的な	
問題に対応できます。	
ネット上のビジネスセンターにアクセスし、	
必要なメニューを選択します。	
	
例えば、主なメニューは下記のとおりです。	
	
・海外通信:翻訳・通訳	
・原価見積:予測・計算	
・船積書類:解読・作成	
・内外規制:照会・対策	
・貿易事業:調査・企画	
	
この専用サイトにアクセスすることで、	
特に貿易業務をする上で困難さが伴うような	
上記の支援サービスが受けられます。	
	
そして、一番の特長は貿易の経験が少ない	
人でも貿易を学びながら、貿易ができる点	
です。	
最初は、仮想の貿易ゲームから始めます。	
そして、段階を追って実際の貿易事業を	
進めることが可能です。	
	
会員制とし、毎月の定額標準サービスと	
特別なオプションサービスに分けて課金	
される仕組みです。	
これを時差の違う各国に居住する母国人	
にアクセスすることで運営します。	
従って、24時間サービスとなります。	
	
貿易事業とコンビニの結合サービス事業を	
一案として提案します。	

				
     - 次章へ続く -			

36.貿易を科学する-最速で貿易の達人になる秘訣-24-【運送費編1】

貿易の達人メニューへ戻る