第29章 貿易を科学する				
最速で貿易事業の達人になる秘訣 -17-				
「差」のシュミレーション		 - 3 -		
				
第28章の続きです。				
				
前章では、販売流通モデルの「差」に注目				
することで新規参入の方法を検討しました。				
				
この例以外にどのような「差」に注目すべき				
でしょうか。(				
「差」を発見するためのチェックリストを				
以下、ご紹介します。				
				
①価格の差				
*商品価格(競合商品とほぼ同じ品質の場合)				
その他附帯費用				
・運賃				
・支払手数料				
				
②品質の差				
*材質:(例)鉄製かアルミ製か				
 合成皮革か本革かなど				
*機能:(例)防水、抗菌加工				
 携帯可能、リバーシブルなど				
				
③認知度の差				
*商標を有しているか				
・宣伝広告をしているか				
				
④安心度の差				
・法人として販売しているか				
・保証があるかどうか				
・原産国の違い				
				
⑤選択度の差				
*サイズの多さ				
*デザインの多さ				
*カラーの多さ				
				
⑥希少性の差				
・特注品か				
				
⑦お得感の差				
・無償又は格安の特別付属品付きか				
・特別なサービス付きか				
				
⑧時間の差				
・納品速度(納期)				
				
お客様が貴方の商品を選択する理由が何かを				
上記チェックリストで確認してみて下さい。				
貴方の商品が競合先と比べ、ほとんどその差				
が無い場合、その商品を販売するのは簡単				
ではないでしょう。				
				
まず、どこで「差」つけるのかを徹底的に				
研究し、商品作りをすすめましょう。				
				
     - 次章へ続く -	
			

30.貿易を科学する-最速で貿易の達人になる秘訣-18-

貿易の達人メニューへ戻る